カラフルな家にしたい!外壁塗装の色選びでやって置きたいこととは

塗り直しはタブー?外壁塗装は一度で成功させましょう

外壁塗装をする際に塗料の色を決めますが、業者が持参する塗料の色見本は参考程度にとどめて、最終的に決定するには幾つかの手段が必要になります。外壁塗装のリフォーム工事は、事前に抱いていたイメージと仕上がりの雰囲気が違うという事態になっても、塗り直しは一般的に出来ません。元々、住宅の大型リフォーム工事である外壁塗装は、足場の費用や、壁面や金属部分の破損に掛かる補修費など、塗装以外の工程や必要経費が含まれ、一定以上の費用が見込まれます。このため塗り直しは考え難く、塗料の厚塗りも建材にいい影響が無いため、一度の工事で満足のいくリフォームにしたいものです。ここでは、イメージ通りの外壁にするために必要な手段の紹介をします。

まず色見本で同じ系統の数色を候補に選びましょう

リフォーム業者の持つ塗料の色見本は、一般的に小さな紙に色が印刷された状態のものが多いです。元々人が色を認識する際には、小さな面積は濃く見え、広い面積のある色は淡く明るい色に見えます。このため、色見本のみで塗料のカラーリングを決めてしまうと、実際に外壁へ塗った際に、抱いていた印象とまるで違うなどになりかねません。まず自分が選びたい色のイメージを持ち色見本から数色を選択したら、実際のペンキを塗ったボードの制作を業者へ依頼します。ボードには色の加減を見比べる目的もあるので、選んだ色ごとの制作をして貰って下さい。数十センチの大型の見本を使って、より仕上がりに近いイメージを持ち、最終的な判断をしましょう。カラフルなカラーリングで塗装を希望するなら、確認用のボード制作に対応していない業者は避けた方が無難です。

外壁塗装を成功させる秘訣は確認用ボード!

確認用のボードが仕上がったら、まず屋外へ出て実際に外壁へ当てて色を確認します。屋内で見た色と自然光の下では違いがあることに気付くでしょう。また、時間帯にもよって色の見え方は異なるので、朝昼夕方それぞれで確認して下さい。施工までに時間があれば異なる天候の日に確認するのもお勧めです。近年ではCGを使用してカラーシュミレーションを行う業者もありますが、PCの画面は発光しているのでやはり仕上がりのイメージは変わるでしょう。この場合も確認用のボードは必要です。また、実際に選んだ色よりも外壁塗装をしたイメージでは色が明るめになることを踏まえて塗料の色選びをすることは基本です。

外壁塗装の相場は、インターネットで簡単に調べる事ができるので、比較が簡単にでき無駄なく外壁塗装ができます。